三朝小学校開校式あいさつ

平成31年4月8日@三朝小学校体育館

2019-04-11

 ようやく春らしい陽気となりました。今日の良き日に、多くの皆さまのご臨席を賜り、三朝小学校が開校することに、教育委員会や保護者をはじめ関係の皆さま方に心から感謝申し上げます。

 学校は教育の場であると同時に、地域社会のシンボルであり、学校の歴史は地域の歴史そのものだと考えます。時代の流れとともに、人口、児童数が減少する中で、長期的な視点に立って果たすべき学校の役割とは何か、求められる教育環境とは何かを熟考(じゅっこう)した結果、三校統合という道を歩むことといたしました。

 三つの小学校を統合するにあたり、ご理解とご支援をいただきました、すべての皆さまに深甚(しんじん)なる敬意と感謝を申し上げます。

 本日、開校式という記念すべき日を一緒に迎えた二年生から六年生の皆さん。新しい学校で戸惑いや不安もあろうかと思いますが、すぐに素晴らしい友達がたくさんでき、楽しい学校生活が送れることと思います。どうか元気に、先生の話をよく聞き、勉強に、運動に頑張ってください。

 また、教職員の皆さん。新しい学校としてのスタートはいろいろと大変なことがあろうかと思いますが、冨山校長先生を中心にチームワークをもって、新しい学校の歴史を創っていただきたいと思います。

 これまでの三つの小学校の歴史と伝統は、三朝小学校にしっかりと受け継がれ、新しい校章デザインのように未来に向けて羽ばたくものと確信しています。

 町では新しい時代に向けた「みささっ子教育ビジョン」を策定しました。三朝町の山や川、そして輝くお日さまのもとで「やさしい かしこい たくましい」姿の子どもを育てます。そして、子どもたちが確かな学力を持って、豊かな心を養い、丈夫な体をつくって、みんなが共に伸びゆく、そんな三朝小学校の子どもたちを温かく見守り、支え、関わり、導いていくことが大切であり、そのためには、「令和」の新しい時代の人材を育てるにふさわしい教育環境の充実と整備を進めなければならないと思っています。

 終わりに、小学校統合に携わり、ご支援、ご協力をくださいましたすべての皆さまに、衷心(ちゅうしん)よりお礼を申し上げますとともに、三朝小学校の益々の充実・発展と、子どもたちの限りない成長と幸せを記念し、ごあいさつといたします。

 

 開校式①  開校式③  開校式③

ページの先頭へ
ページの先頭へ