保育所等における新型コロナウイルス感染症の対応(令和2年5月15日更新)

更新日:令和2年5月15日

2020-05-18

 

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、保護者へ保育所の登園の自粛を4月21日よりお願いしていましたが、5月14日に緊急事態宣言の本県の解除が決定されました。

 これを受け、本町の保育所も登園自粛要請を5月18日に解除します。

 登園自粛について、多くの保護者の皆様に御協力いただきありがとうございました。

 なお、今後の状況によっては取り扱いの変更などの対応を採る場合がありますので、あわせて御承知ください。

 また、引き続き児童にかぜ様の症状がある場合には下記のとおり登園自粛を、発熱等新型コロナウイルス様の症状がある場合には呼吸器症状が改善するまで登園停止を要請しますので、御理解御協力をお願いします。


●保育所等において新型コロナウイルス感染症が発生した場合の対応

 この方針は今後の国と県の対応方針を踏まえ、変更する場合があります。 

 

■町内発生期かつ発生未確定時期(陽性未確定)

(1)児童や職員で発熱はないが、かぜ様の症状が出た場合

   当該児童の登園自粛や職員の自宅待機を要請します。

(2)児童や職員で発熱など新型コロナウイルス様の症状が出た場合

   解熱後24時間以上が経過し、呼吸器症状が改善するまで登園停止や職員の自宅待機を要請します。また、児童の家族などの

  同居人に同様の症状が出た場合は、感染の有無が確定するまでの間、当該児童の登園自粛や職員の自宅待機を要請します。

  ※新型コロナウイルス様の症状・・・37.5度以上の熱、咳、呼吸困難の症状

 

 ■園内発生期(陽性確定)

(1)児童や職員において1人でも陽性が確定した場合

   園は原則として施設全体を14日間休園とします。(期間については、状況により、延長又は短縮となる場合があります。)

 陽性が確定した児童や職員は、陰性が確定するまでの間、登園停止や休暇とします。

 

(2)児童や職員の家族などの同居人において陽性が確定した場合

   同居人と最後に接触した日から起算して14日間、当該児童の登園自粛や職員の自宅待機を要請します。

 

                ○参考:症状別対応・期間整理表

発生状況

かぜ様の症状

新型コロナウイルス様の症状

感染が確定

児童

対応

【要請】登園自粛

【要請】登園停止

【指示】登園停止

期間

可能な限り

解熱後24時間以上経過し、呼吸器症状が改善傾向となるまで

陰性が確定するまで

職員

対応

【要請】自宅待機

【要請】自宅待機

【指示】休暇

期間

可能な限り

解熱後24時間以上経過し、呼吸器症状が改善傾向となるまで

陰性が確定するまで

家族などの同居人

対応

特段の対応なし

児童:【要請】登園自粛

職員:【要請】自宅待機

児童:【要請】登園自粛

職員:【要請】自宅待機

期間

感染の有無が確定するまで

最後に接触した日から起算して14日間

 

 ■本県に緊急事態宣言がされた場合

 鳥取県からの臨時休園要請に基づき、期間を定めて休園とします。 

 

■他の都道府県に緊急事態宣言がされている場合の対応

 緊急事態宣言が発令されている都道府県に居住している児童が本町の保育施設などに転入してくる場合

 ⇒当該都道府県に居住していた日の翌日から起算して14日間の自宅での健康観察などの感染拡大防振措置を講じた上で入所決定などを行います。 

 

■その他 

・児童の体調については、日々の体調の変化に注意するとともに、登園の際は、健康観察の徹底をお願いします。

・臨時休園の決定は、急な御案内になることがありますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、

 御理解御協力いただきますようよろしくお願いします。  

 

 

※新型コロナウイルスの感染症予防についてはこちらをクリック ⇒ 新型コロナウイルス感染症予防について(町公式ホームページ内) 

 

【問合先】役場町民課子ども支援室(☎43-3505) 

ページの先頭へ
ページの先頭へ