脳脊髄液減少症について

脳脊髄液減少症について

配信日:平成23年12月28日

2014-04-15

 脳脊髄液減少症は、頭部等への強い衝撃により脳脊髄液が漏れ続け、頭痛、首の痛み、めまい等の様々な症状を引き起こすといわれています。脳は、髄液という透明な液体に浮かんでいますが、髄液が漏れてしまうと脳の浮力が失われ、脳の血管や神経が引っ張られるために様々な症状が現れるようです。詳細については、下記ホームページへのリンクをご覧ください。

・脳脊髄液減少症について(鳥取県ホームページへのリンク)

・鳥取県内の医療機関一覧(鳥取県ホームページへのリンク)

・脳脊髄液減少症について(山形大学医学部ホームページへのリンク)

ページの先頭へ
ページの先頭へ