確定申告・町県民税等の申告について

確定申告・町県民税等の申告について

配信日:平成28年1月8日

2017-01-20

確定申告・町県民税等の申告のお知らせ

 所得税の確定申告及び町県民税の申告時期になりました。事前に必要な書類等を準備して、期限内に申告と納税をお願いします。

■申告の相談・受付
  受付期間  2月16日(木) ~ 3月15日(水) ※土曜日、日曜日は除く
  
受付時間  8:30~11:30(相談時間は9:00~12:00)
         13:00~16:30(相談時間は13:30~17:00)
  受付会場  三朝町総合文化ホール 1階 山村振興対策室

  2月10日(金)に申告事前相談会を開催します。(農業収支、医療費控除、住宅ローン控除、雑損控除を受けられる方が対象)

■集落別の申告相談日程

  確定申告日程

※混雑緩和のため、決められた地区ごとにお越しいただきますようご協力をお願いします。

確定申告の必要な人
   ・事業所得(営業・工業・農業などによる所得)や不動産所得(地代・家賃)のある人で、1年間の所得金額の合計額が所得控除合計額を超える人
   ・土地・建物などを譲渡した人
   ・2箇所以上から給与を受けている人
   ・主たる給与所得以外の所得が20万円を超える人
   ・医療費控除、寄附金控除、住宅借入金等特別控除等を受ける人

確定申告に必要なもの
   ・印鑑
   ・本人名義の通帳又は金融機関名、口座番号等がわかるもの(還付の場合)
   ・確定申告書が税務署から送付されている人は、その申告書(中身を確認してください)
   ・給与所得者及び年金受給者などは源泉徴収票(コピーは不可)
   ・生命保険料及び地震保険料控除を受ける人は、支払保険料の証明書
   ・国民年金保険料の支払のある人は、社会保険料(国民年金保険料)控除証明書
   ・医療費控除を受ける人は、平成28年中に支払った医療費の領収書と保険などで補填される額の明細書(領収書は受診者ごと、医療機関ごとに集計してください。)
   ・農業をしている人は、帳簿・営農口座取引集計表・領収書など、平成28年中の収入・支出のわかるものを準備し、収支内訳表の記入・提出をお願いします。

   ・事業所得のある人は、帳簿・領収書など、平成28年中の収入・支出のわかるものを準備し、収支内訳表の記入・提出をお願いします。

   ・住宅借入金等特別控除を新たに受ける人(床面積50㎡以上で自己所有・住宅ローン等の借入れ期間が10年以上あることなど条件があります。)

      ・ 住民票の写し
      ・ 住宅取得資金に係る借入金の年末残高証明書
      ・ 家屋・土地(土地も取得の場合)の登記事項証明書、請負契約書の写し、売買契約書の写しなど、取得年月日、床面積、取得価格などわかる書類
      ・ 増改築・大規模修繕などは、建築確認済証の写し、検査済証の写し、増改築等工事証明書など
      ・ バリアフリー改修工事等は、増改築証明書、補助金等の金額を証する書類など  
            ・ 寄付金控除を受ける人は、平成28年中に支払った寄附金の領収書(寄附した団体から交付を受けたもの) 
           ・ 地震等災害における雑損控除を受ける方は、平成29年3月15日までの日付の領収書 

町県民税等の申告について
  平成28年中に所得が無かった場合でも、国民健康保険に加入している人、介護保険および後期高齢者医療保険の対象者は、町県民税の申告が必要ですので、必ず期間内に申告してください。申告されなかった場合は、保険税額等に影響があります。ただし、次の方は申告をする必要がありません。
       ・給与所得のみで年末調整をした人
       ・所得税の確定申告をした人
     

 ■e-Tax(国税電子申告・納税システム)をご利用の方は

        電子申告バナー電子申告バナー

詳しくは、役場町民税務課まで  電話 43-3505(直通) 

 
ページの先頭へ
ページの先頭へ