令和元年度三朝町環境パトロールを実施しました

~ご家庭での正しいごみの分別をお願いします!~

2019-07-31

 7月29日(月)、三朝温泉街を中心に環境パトロールを実施しました。これは、町内のごみ収集と分別状況を把握し、ごみの正しい分別と減量化を広く皆さんに周知することを目的としています。

 当日は、松浦町長をはじめ、各関係機関長等が参加し、町のごみ収集業者である三和運送の職員とともにPRタスキを着用し、三朝温泉街の旅館を中心に巡回しました。

 R1環境パトロール1

・早朝の温泉街を巡回しました。 

R1環境パトロール2

・各収集所の分別状況を確認します。

R1環境パトロール4

・三和運送さんより正しい分別のレクチャーを受けます。

 

・今回の環境パトロールでは概ね適正に分別されていたようですが次の点にご注意ください。

生ごみの水切り

家庭から出される可燃ごみの約35%は「生ごみ」です。「生ごみ」の中で約80%は水分と言われています。

腐敗臭の元ともなります。ごみとして出す前に「水切り」を徹底することで、ごみの減量につながります。

生ごみ等の可燃ごみは、ほうきリサイクルセンターの焼却施設で燃やしておりますが、水分が多いと焼却温度が上がりにくく焼却効率は悪くなってしまいます。水切りを行うことで生ごみの水分が減り、焼却効率の向上につながります。

また、水分が減ることでごみ全体の量が減少するので、ごみ収集車の運搬効率の上昇します。よって、焼却施設とごみ収集車両方のCO2の削減に繋がります。 

 

 資源ごみはきちんと分別

今回のパトロールでは、可燃ごみの中にペットボトルが多数混載されていました。

ペットボトルをはじめ、紙類、布類、発泡スチロールなど資源ごみとして再生可能なものはきちんと分別し、ごみの減量をはかってください。

ごみ袋の使用も減り、ごみ処理費用を抑えることにもつながります。

 

R1環境パトロール3 

 【ごみ減量化のために ”一手間 ” おかけください】

 


・正しい分別、ごみの減量化にはごみ分別手引き「ごみの区分と出し方」をぜひご活用ください! 

「ごみの区分と出し方」←クリックするとリサイクルセンターホームページへ移動します。

 ※冊子は役場窓口にも置いてあります。

 

問い合わせ先 町民課町民環境係 電話43-3505

ページの先頭へ
ページの先頭へ