【新型コロナウイルス感染症対策】ご家庭でのごみの捨て方

2020-06-02

家庭ごみを出すときには、次のことに気を付けてください。

 

 ★ごみ袋はしっかり縛って封をしましょう!

  ごみが散乱せず、収集運搬作業においてごみ袋を運びやすくします。

 

★ごみ袋の空気を抜いて出しましょう! 

  収集運搬作業においてごみ袋を運びやすくし、収集車での破裂を防止できます。

 

★生ごみは水切りをしましょう! 

  ごみの量と重さを減らすことができます。

 

★普段からごみの減量を心がけましょう! 

  購入した食品は食べきるなど、ごみを出さないことも大切です。 

 


   袋の口をガムテープで閉じないでください! 

 袋いっぱいにごみを入れ、袋の口をガムテープなどで無理やり閉じて出してあるものが最近目立っています。

これは、破裂・飛散の原因になるばかりか、収集員が抱えて運ばねばならず、作業効率が悪く衛生面にも問題があります。

また、収集車にごみ袋を投入する際、ガムテープが作業員の手袋に張り付き、機械に巻き込まれるといった危険性もあります。

ごみ袋は、きちんと結びしろを使って結び、手に持って運べるようにするため、適量を入れて出してください。 

 

 ガムテープで閉じたごみ袋

 


 

また、使用済みのマスクやティッシュ等のごみを捨てる際は、以下のことを心がけましょう。

①ごみに直接触れないようにビニール袋に入れ、密閉した上で町指定の可燃ごみ袋に入れる。 

②ごみ袋の口は、しっかりしばって封をする。 

③ごみを捨てたあとは、石鹸を使って流水で手をよく洗う 

 

  

 マスク等の捨て方

 

 【環境省】新型コロナウイルスなどの感染症対策のためのご家庭でのごみの捨て方

 

ご家族にとっても、ごみを収集する作業員にとっても、ごみの円滑・安全な収集・処理を行う上で大切な行動です。

新たな感染を防ぐため、皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。 

 

【問い合わせ先】町民課 町民環境係 (☎43-3505) 

ページの先頭へ
ページの先頭へ