平成29年8月1日からの介護保険制度改正について

平成29年8月1日からの介護保険制度改正について

平成29年7月24日配信

2017-07-24

平成29年8月1日からの介護保険制度改正について

 

 平成12年度に始まった介護保険制度は、施行後15年以上が経過し、高齢者およびその家族の方の暮らしを支える制度として定着しています。

 平成29年8月1日から、以下のとおり介護保険制度の一部が改正されます。

 

 

 

月々の負担の上限の変更

 介護サービスの利用者負担は月々の負担の上限が設定されています。利用者負担の合計が上限を超えたときは、超えた分が払い戻しされます。

今回、世帯のどなたかが町民税を課税されている方について、下表のとおり変更があります。

 

対象となる方

平成29年7月まで

の負担の上限(月額)

平成29年8月からの負担の上限(月額)

現役並み所得者に相当する方がいる世帯の方

44,400円(世帯)

44,400円(世帯)

世帯のどなたかが

町民税を課税されている方

37,200円(世帯)

44,400円(世帯)【見直し】

(同じ世帯の全て65歳以上の方(サービスを利用していない方を含む。)の利用者負担割合が1割の世帯は、年間446,400円の上限が設けられます。(3年間の時限措置))

世帯の全員が町民税を課税されていない方

24,600円(世帯)

24,600円(世帯)

 

前年の合計所得額と公的年金収入額の合計が年間80万円以下の方等

24,600円(世帯)

15,000円(個人)

24,600円(世帯)

15,000円(個人)

生活保護を受給している方等

15,000円(個人)

15,000円(個人)

    

※「世帯」とは、住民基本台帳上の世帯員で、介護サービスを利用した方全員の負担の額

の上限額を指し、「個人」とは介護サービスを利用したご本人の負担の上限額を指します。

 

 介護保険制度はみなさまの支えあいの制度です。平成29年8月からの改正にご留意いただき、ご利用いただきますようお願いいたします。

 

 厚生労働省周知用ページはこちら(外部リンク)

 

[問い合わせ先] 役場福祉課 電話(43)3506

ページの先頭へ
ページの先頭へ