平成29年度認知症啓発講演会を開催しました

平成29年度認知症啓発講演会を開催しました

平成29年12月1日配信

2017-12-01

 平成29年11月25日土曜日、三朝町総合文化ホールにて「若年性認知症問題にとりくむ会クローバー」の藤田和子さんを講師にお迎えし認知症啓発講演会を開催しました。講師の藤田さんは40代でアルツハイマー型認知症と診断され、現在は講演や執筆活動などを通じて若年性認知症問題に取り組んでおられます。講演ではご自身の体験を基に認知症になってからの生き方と認知症の方を支える地域社会の在り方などについてお話していただきました。

【参加者からの感想】

・できない事を悲観するよりできる事をしていく事が大切である事がわかりました。身近な人もそれに気づいて関わることが大切であると感じた。

・認知症患者(本人)でないとわからないことがよく理解できた。

・TVとか映画や書籍でしか知らなかった若年性認知症について現場からの声

・体験が聞けて良かった。自分もいつ発症するかわからない病気についてもっと理解を深めたいと思った。

・人々と関わることの大切さを痛感。家族の助けがあればよいですが独居生活の場合どうなるのか?と思った。

H29認知症啓発講演会

地域包括支援センターでは、このような講演会や地域での健康教室などを通じて認知症に対しての普及啓発活動を行っております。また認知症や介護に関する個別の相談も受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。 

 

問い合わせ先

三朝町地域包括支援センター

電話 0858-43-3519 

ページの先頭へ
ページの先頭へ