平成28年度 水質検査計画

平成28年度 水質検査計画

2017-05-29
  1. 基本方針
    三朝町建設水道課は、供給する水が給水栓において水道水質基準に適合していることを遵守するため、定期に行う水質検査について水質検査計画を策定し、計画的に水質検査を実施します。

    また、臨時に行う水質検査についても、計画書において、行う際の要件、検査項目及び実施方法の原則について明らかにします。

    なお、水質管理目標設定項目に含まれる農薬についても、必要に応じて検査を実施します。

    水質検査計画は、水道事業者が行う定期の水質検査について、検査すべき事項、当該項目、採水の場所、検査の回数を記載します。
  2. 水源の状況並びに原水及び浄水の水質状況
    •  水源の状況
       水源は浅井戸・深井戸・伏流水・湧水です。現在までの水質は良好な状態です。今後も計画的な水質検査を行っていきます。
    •  原水の状況
       自己水源の現在までの水質はおおむね良好な状態です。
    •  浄水の状況
       浄水については水質基準値を下回っており、安全で良質な水であるといえます。
  3. 採水地点、検査項目、検査頻度
  4. 水質検査方法
    水質基準項目については省令で定める方法(※1)、管理目標設定項目については通知で定める方法(※2)の手順どおりに実施します。
    •  ※1
       水質基準に関する省令の規定に基づき厚生労働大臣が定める方法
    •  ※2
       水質基準に関する省令の制度及び水道法施行規則の一部改正等並びに水道水質管理における留意事項について
  5. 臨時の水質検査
    下記の場合に状況に応じ水質基準項目を検査します。
    •  水源の水質が著しく悪化したとき。
    •  水源に異常があったとき。
    •  浄水過程に異常があったとき。
    •  配水管の大規模な工事その他、水道施設が著しく汚染された恐れがあるとき。
    •  その他、必要と認められるとき。
  6. 水質検査の委託
    水道法の規定に基づき外部委託して行います。
  7. 検査結果の公表
  8. その他の留意事項
    •  検査結果の評価
       検査ごとに結果を評価し、水質基準を超えるおそれがあるときは直ちに原因究明を行って対応します。
    •  水質検査の制度管理
       検査、検体搬入等において厚生労働省令並びに関係通知に規定される精度管理基準を遵守。
    •  関係者との連携
       水源その他の水道施設で災害・水質汚染事故等が発生、もしくは発生のおそれがある場合は必要に応じ、国・県の関係機関及び近隣市町、水質検査受託者等と連携し適切な対応を行います。
  9. お問い合わせ先  三朝町建設水道課上下水道室 電話 0858-43-3502
ページの先頭へ
ページの先頭へ