新型コロナウイルス感染症の拡大防止に伴い三朝町内の事業所で使用する温泉配湯及び上下水道使用料金の減免について

配信日:令和2年7月21日

2020-07-28

制度の概要

 新型コロナウイルス感染症の影響により、売上げに相当の減少があった事業所支援として、最大3ケ月間の使用料金の減免を受けることが出来ます。

 

対 象

 三朝町内の事業所に設置してあるメーター検針等による各使用料金。(自宅兼用含む。社宅・専用住宅除く。)

 町内に事務所又は事業所を有する事業者で、減免を申請する日において現に1年以上継続して事業を営んでおり、かつ、今後1年以上事業を営む予定であること。

 新型コロナウイルス感染症及びそのまん延防止のための措置の影響により、令和2年4月から同年11月までの間のうち、任意の連続した3か月以内の期間(以下「対象期間」という。)の各月の売上額が前年同月の売上額と比べて平均30%以上減少していること。

 前号の対象期間の前年の同期間の平均月額が10万円以上あること。

※ 前項の規定にかかわらず、次に掲げる者は、交付対象としない。

(1) 町内に事業実態がないと管理者が判断する者

(2) 料金の滞納がある者又は滞納解消に取り組んでいない者

(3) 宗教上の組織又は団体の宗教活動に関連するもの

(4) 政治団体

(5) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)及び三朝町暴力団排除条例(平成24年三朝町条例第14号)に規定する暴力団員又は暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有する者

(6) 前各号に定めるもののほか、減免の目的に照らして適当でないと管理者が判断するもの

 

内 容

 令和2年4月から令和2年11月の営業(使用)月のうち、任意の連続する3ケ月以内の売上げ状況により、その3ケ月以内の月の各使用料金(基本料金含む。)を減免します。

 ※営業(使用)月の料金は、翌月分として請求されるため、対象となる営業月は令和2年4月から11月、減免対象となる請求月は5月分から12月分です。

○減免を希望する任意の連続する月(3ケ月以内)の売上げを、令和元年同月と比較した平均減少率が下記の場合。

  30%以上50%未満減少している事業所 →

半額

  50%以上減少している事業所       →

全額

○令和元年同月の各使用水量を上限とします。

○納入済みの各使用料金も対象とします。(減免対象となる月以降の各使用料金で調整します。)

※減免措置例についてはチラシをご覧ください。→「水道料金等の減免について」(PDF)

 

手 続

〇申請者は各メーターの使用者又は所有者とし、申請書にメーター設置場所、メーター種類及びお客様番号又は給水番号、使用用途(専用事業所、自宅兼用事業所、観光施設など)、希望減免月を記入し申請してください。

〇申請書の添付書類として、支援を希望する任意の連続する月(3ケ月以内)において前年同月との売上げの減少率が確認できる資料を添付していただきます。

申請期限は、令和2年12月15日(必着)です。

〇事業所経営の有無について不明な場合、三朝町町民課税務係に問い合わせることがあります。

 

申請用紙

〇三朝町温泉配湯及び上下水道使用料金 減免申請書

  PDF(100 KB)

〇三朝町温泉配湯及び上下水道使用料金 減免申請添付資料

  PDF(305 KB)

 

【お問合せ・申請先】三朝町 建設水道課 上下水道係 0858-43-3502

          受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで(土日・祝日除く)

ページの先頭へ
ページの先頭へ