三朝町橋梁長寿命化修繕計画について

三朝町橋梁長寿命化修繕計画について

2016-12-28

○町道橋梁長寿命化修繕計画の目的

1)背景

 本町が管理する町道で15.0m以上の橋梁は38橋あり、現地点において建設後50年を経過する橋梁は1橋(1/38=3%)となっており、20年後の2030年(平成42年)には、50年を経過する橋梁が17橋(45%)になり、急速に高齢化橋梁が増大する。このような背景から、今後増加が見込まれる橋梁の修繕・架替えに要する経費の縮減を図る。

2)目的

 道路交通の安全性を確保する上で、これまでの事後保全的な対応から計画的かつ予防的な対応に転換し、橋梁の長寿命化によるコスト縮減を図るため、長寿命化修繕計画を策定する。

詳しくは下記項目をクリックしてください。

【三朝町橋梁長寿命化計画】平成21年3月策定

【橋梁位置図】

【橋梁位置図番号一覧表】

【橋梁点検結果一覧表】平成28年12月現在

 ・横手橋(H26.7.22点検)

 ・美谷橋(H27.2.25点検) 

 ・福本橋(H27.9.29点検) 

 ・第1粟祖橋(H28.9.6点検) 

 ・亀岩橋(H28.9.8点検) 

 ・城居谷橋(H28.9.14点検) 

 ・下畑橋(H28.9.27点検) 

 ・赤松橋(H28.9.28点検) 

 

ページの先頭へ
ページの先頭へ