○三朝町地域活性化資金貸付要綱

平成5年10月1日

告示第43号

(目的)

第1条 この要綱は、町民の生活環境を改善し、住みよい町づくりを推進するため、次条に定める事業を行う集落等の代表者(以下「区長等」という。)に対し必要な資金を貸付けし、地域の活性化に資することを目的とする。

(貸付対象事業)

第2条 この要綱による資金の貸付対象事業は、次のとおりとする。

(1) 生活道、農林道の新設改良事業

(2) 簡易水道施設(飲料水供給施設及び小規模給水施設を含む。)の新設改良事業

(3) 防火水槽、防火水路等防火用水確保のための施設の整備

(4) 公民館、集会施設等の新設改良事業

(5) スポーツ広場(子供広場を含む。)、全町公園化事業等生活環境整備事業

(6) 農業集落排水処理事業

(7) その他町長が特に必要と認めた事業

2 町又は公共団体等が事業主体として行う前項の事業について、受益者負担金を必要とする場合においては、当該受益者負担金も貸付の対象とする。

(貸付限度額及び貸付利率等)

第3条 資金の貸付限度額は、1件について50万円以上1,000万円以内とし、1集落について未償還額が1,500万円を超えないものとする。

2 貸付金の貸付利率は、年5パーセント以内とし、8年以内の元金均等償還とする。

(取扱金融機関等)

第4条 資金の貸付取扱金融機関は、三朝町指定金融機関及び指定代理金融機関とする。

2 町は、貸付けに必要な資金の2分の1の額を取扱金融機関に預託し、取扱金融機関は町の預託の倍額を限度として貸付けするものとする。

3 取扱金融機関は、貸付けを受ける者に対し歩積預金、両建預金等を強要してはならない。

(資金の借入手続等)

第5条 資金の借入れをしようとする区長等は、役員3名の連帯保証人とともに、三朝町地域活性化資金借入申込書(様式第1号)に町長が発行する貸付資格証明書(様式第2号)を添え、町長を経由して取扱金融機関に借入れの申出をするものとする。

2 取扱金融機関は、前項の申出を受けたときは、それぞれの金融機関所定の手続きによって貸付けを実行するものとする。

(雑則)

第6条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町と取扱金融機関とが協議して定めるものとする。

附 則

1 この要綱は、平成5年10月1日から施行する。

2 三朝町地域振興資金貸付要綱(昭和53年7月1日施行)は、廃止する。

3 この要綱施行の際、現に廃止前の三朝町地域振興資金貸付要綱の規定に基づく地域振興資金の貸付金については、なお従前の例による。

画像

画像

三朝町地域活性化資金貸付要綱

平成5年10月1日 告示第43号

(平成5年10月1日施行)