○林道管理規則

平成4年3月27日

規則第2号

(目的)

第1条 この規則は、林道の保全と車両等の通行の安全を図るため、その管理に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(定義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 林道 鳥取県林道事業補助要領(昭和38年鳥取県発林第650号)の規定に適合する林道で、路面、路肩、法面、側溝、附帯施設等の林道施設を総称する。

(2) 管理 災害復旧、補修保全その他林道の保全と車両等の通行の安全に関し必要と認められる管理に関する行為全般をいう。

(3) 受益者 設置された林道により利益を受ける者をいう。

(4) 林道の利用 次に掲げる場合をいう。

 林業又は工事等のため10日以上継続して独占的な利用をする場合

 木材その他の搬出搬入のための架線、土場その他の施設を設置する場合

 その他林道の構造及び車両の通行に支障を及ぼすおそれのある利用をする場合

(管理者の責務)

第3条 町長は、林道の管理者として、次に掲げる事項を標示した標識を林道の起終点及びその他必要な箇所に設置するものとする。

(1) 規格及び構造に関すること。

(2) 通行の規制に関すること。

(3) 禁止行為に関すること。

(4) その他町長が必要と認める事項

(管理)

第4条 町長は、林道の態様に応じた効果的な管理を行うため、次に定めるところにより区分して管理するものとする。

(1) 連絡林道 集落間を結ぶ幹線林道をいう。

(2) 目的林道 連絡林道を除く他の林道をいう。

2 町長は、林道を随時に巡視してその状況を常に把握し、善良な管理を行い、林道の保全と車両の通行の安全に努めるものとする。

3 町長は、林道に異常を発見したときは、速やかに必要な処置を講ずるものとする。

(通行の禁止及び制限)

第5条 町長は、管理上必要と認めるときは、区間を定めて林道の通行を禁止し、又は制限することができる。

2 町長は、林道の通行を禁止し、又は制限しようとするときは、あらかじめ当該林道に係る受益者の代表者(以下「受益代表者」という。)及び関係区長に通知するとともに、当該林道の起終点及び制限箇所にその内容を明示した標識を設置するものとする。ただし、緊急を要する場合にあっては、受益代表者及び関係区長への通知は、必要な措置を講じた後においてこれを行うものとする。

(利用の許可)

第6条 林道を利用しようとする者は、町長の許可を受けなければならない。

2 町長は、前項の許可に当たっては、林道の構造の保全策、通行の安全策等必要に応じた対策を講ずる旨の条件を付することができる。

(利用の制限)

第7条 町長は、前条第2項の規定により、町長が付した条件に従わない林道の利用者(以下「利用者」という。)に対しては、林道の利用を制限し、又は許可を取り消すことができる。この場合において、当該利用者に損害が生じても町長は、賠償の責を負わない。

(原状回復)

第8条 利用者が林道を破損したときは、速やかに町長に報告するとともに、原状に回復しなければならない。ただし、町長がその必要がないと認めた場合は、この限りでない。

(費用の負担)

第9条 前条本文の規定に基づく原状回復に要する経費は、当該利用者の負担とする。

(管理の委託)

第10条 町長は、第4条第1項第2号に定める目的林道については、林道の効果をより発揮するため必要と認めるときは、受益代表者に管理を委託するものとする。

(補則)

第11条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成4年4月1日から施行する。

林道管理規則

平成4年3月27日 規則第2号

(平成4年3月27日施行)