三朝町内のフランス・スポット

三朝町内のフランス・スポット

配信日:平成21年3月24日
町内のフランスにゆかりのあるスポット等をご紹介します。

2015-04-22
キュリー広場 キュリー像
国民宿舎ブランナールみささ前にある広場で、フランスの凱旋門や通りをイメージして造られました。キュリー祭ではステージイベント等が行われ、祭りのメイン会場となります。 昭和34年に建立されたキュリー夫人像。キュリー広場ステージの横にあり、キュリー祭ではこの像への献花が行われます。
キュリー広場 キュリー像
友好の鐘 恋谷橋(ブァレ・ドゥ・ラムール)
ラマルー・レ・バン町から友好の証として贈られました。
キュリー広場ステージ横にあります。
恋谷橋は別名『ブァレ・ドゥ・ラムール』」(日仏の恋の架け橋)といい、この名はフランス大使により命名されました。
橋の親柱には「恋谷橋」のほか「ブァレ・ドゥ・ラムール」の標識が掲げられています。
有効の鐘 恋谷橋
ブランナールみささ 標識
三朝町営の国民宿舎でフランスのお城をイメージして建てられました。 国道179号線と県道21号線の倉吉市と三朝町の境界にはラマルー・レ・バン町との姉妹都市提携を記す標識が設置されています。
ブランナールみささ 標識
フランスワイン 国際交流室
ラマルー・レ・バン町近郊で製造されたフォゼール産ワインをぷちショップ三朝温泉と藤井酒造にて取扱・販売しています。 三朝町総合文化ホールの多目的会議です。三朝町とフランスの交流の歴史パネルやラマルー訪問団から贈られた品々が展示してあります。
フランスワイン 国際交流室
キュリー夫妻モニュメント 三朝キュリー公園

ラジウムを発見したキュリー夫妻をたたえて建てられたブロンズ像。台座とその周辺に人形峠製のれんがが用いられたこのモニュメントは三朝温泉の新たな名所として、今後温泉入口で多くの観光客を、夫妻で仲良く迎えます。
  モニュメントの高さは約1.5m。夫ピエール・キュリーに妻マリー・キュリーが語りかけている様子が再現されています。

この公園は、日本原子力研究開発機構人形峠環境技術センターが、湯梨浜町方面地区の捨石たい積場の掘削土を原料に製造したれんが二万個を用いて整備。キュリー夫妻像のそばに、れんがが敷き詰められた広場と、れんがを使った花壇が設置されています。

モニュメント 三朝キュリー公園
ページの先頭へ
ページの先頭へ