町長室

町長室

2017-05-02

町 長 室

~ ようこそ 町長室へ ~
    町長室2601新年

三朝町長 

吉田 秀光(よしだ ひでみつ)

【プロフィール】

◆生年月日 

  昭和16年1月1日

略   歴 

  昭和61年1月1日  観光商工課長

昭和6210月1日 建設課長

平成8年7月1日  企画財政課長

平成8年1231日 三朝町退職

平成9年1115日 三朝町長 就任

( 現在  5期目 )

コ ラ ム


三つ目の朝には病が消える…「三朝温泉」

 三朝町は、天与の温泉と豊かな自然に囲まれた“湯と山のまちです。

 今から約850年前、1164(平安時代)に発見されたと伝えられる「三朝温泉」はは、1916(大正5)にラジウム含有量が高温泉の中では世界一になることが発表され、古くから“湯治の湯として、訪れていただく皆さまの心と身体を癒し続けてきました。

 三朝(みささ)という名前の由来は、いくつかの説がありますが、私は、その中でも「この地のお湯に浸かり、三つ目の朝を迎える頃には病が消える」―という、三朝温泉の健康効果を示した由来が最も近いのではないかと考えています。

 現在、65の源泉を有し、25軒あるすべての温泉旅館では、蒸気風呂などそれぞれ特徴のある風呂を有するほか、オンドルや足湯など様々な温泉を楽しんでいただくことができます。


 また、“飲んでよし、吸ってよし、漬かってよしと称されるように、三朝温泉のお湯は飲泉も可能で、各旅館や温泉街にある飲泉場で飲んでいただくこともできます。


科学的に証明されつつある「三朝温泉の健康効果」

 三朝温泉では、平成20年から岡山大学病院三朝医療センター敷地内にある三朝ラドン効果研究施設等で「ラドン効果研究」が進められてきており、三朝温泉のお湯が及ぼす健康効果が科学的に証明されつつあります。
 この研究によると、三朝温泉の効果は「ラジウムが気化し、発生するラドンガス(湯気)を吸うことによって抗酸化機能が高まり、癌を含む生活習慣病の抑制や老化の抑制、長寿命化のほか、肝障害や糖尿病、痛みを伴う疾患の予防や治療、ストレス、リウマチ性疾患や更年期障害などの抑制効果が期待できる」と報告されています。
 このことは、ラジウム含有量世界一の三朝温泉が”健康のパワースポット”として評価されたということであり、町といたしましても今後、これらの研究がさらに進められていくことに“大きな期待を寄せているところであります。

よみがえる「現代湯治」

 野口雨情、志賀直哉、与謝野晶子、斉藤茂吉、島崎藤村…。豪華な顔ぶれの文豪たちも、この三朝温泉に湯治に訪れています。

 三朝温泉では現在、かつての湯治を現代風によみがえらせ、三朝温泉に長期にわたって滞在していただきながら、心と身体を癒やしていただく「現代湯治」に取り組んでいます。


 温泉をとことん楽しんでいただきながら、健康を見つめなおしていただきたいと始めた現代湯治は、町内の医療機関と温泉旅館が連携し、旅館に滞在していただきながら熱気浴療法や鉱泥湿布などの「温泉療法」を受けていただいたり、情緒あふれる街を自由に散策していただき、くつろいだ時間を過ごしていただくというものです。

 そして、各旅館では、地元の旬の食材を使用した身体に優しい食事を提供させていただくほか、旅館には三朝温泉入浴アドバイザー「ラヂムリエ」が常駐し、お客様に適切な入浴方法をご案内させていただいております。


 “三つ目の朝には病が消える”…という由来を持つ「三朝温泉」。
 皆さまもぜひ一度お立ち寄りいただぎ、心と身体を癒やしていただきますよう、よろしくお願いいたします。

お得に三朝温泉をご利用いただく「ふるさと納税」

 ところで、三朝町では、ふるさと納税による寄附をいただいた皆さまに、寄附金額の半額(平成29年7月1日から3割相当に変更)を三朝温泉でご利用いただくことができる「旅館利用券」としてプレゼントさせていただいています。


 これは、三朝町を応援していただく皆さまにぜひ一度、三朝温泉へ訪れていただき、三朝温泉の素晴らしさを体感していただきたいと始めたものですが、その寄附金額は年々多くなってきており、多くの皆さまが三朝町を応援していただいていることに対し、心より感謝申し上げたいと思います。


 ふるさと納税への手続きなどにつきましては、「三朝町ホームページ」に詳しく掲載させていただいているほか、三朝町役場(企画観光課:0858-43-3514)にお問い合わせいただければ、詳しくご説明させていただきますので、どうぞ、ふるさと納税による三朝町への応援もよろしくお願いいたします。

ふるさと納税
ちらし
ページの先頭へ
ページの先頭へ