ラマルー・レ・バン町の紹介

ラマルー・レ・バン町の紹介

配信日:平成21年3月24日
三朝町と交流の深いラマルー・レ・バン町について

2016-04-22

 友好姉妹都市のラマルー・レ・バン町は、フランスの南部に位置し、面積6.18㎢、人口約5,000人の小さな町で、三朝町と似た温泉リゾートの町

です。

 温泉の泉質は、塩類を含む放射能泉で神経痛、リュウマチに効果があるとされています。この温泉を利用した高度な医療施設、リハビリセンター

が完備されています。

 フランスでは、入浴を楽しむという日本的な温泉利用はあまりなく、専ら医療用に使用されています。医療施設とともにホテル等の宿泊施設が整

い、コンドミニアム、別荘などに人々が集まり、バカンス時期には町の人口は約12,000人に膨れます。

 ラマルーの町の玄関口には三朝町と友好都市の提携を記し三朝町のプレートが設置されています。

ラマルー
ページの先頭へ
ページの先頭へ