地域おこし協力隊の制度紹介

制度の紹介

2022-06-22

 地域おこし協力隊の制度を皆さんにご紹介いたします。

【問合先】三朝町企画課(0858-43-3506)

 

ー地域おこし協力隊概要ー

 「地域おこし協力隊」は、平成21年度から始まった制度で、都市部の人材が「地域おこし協力隊員」として地方に移住し、概ね1年~3年の決まった期間で地方自治体の委嘱を受け、地域の課題解決や発展のための協力活動を行うというものです。活動内容は各地でさまざまであり、農林水産業や観光業といった産業振興に携わるものや、なかには情報発信の一環として流行のユーチューバーとなって活躍している隊員もいます。
 制度が始まって以来、年々隊員数は増えていき、初年度には全国で89人だった数は、令和2年度では5,500人以上となっています。

 

ー魅力は「三方よし」の仕組みー

 なぜ、地域おこし協力隊は、年々隊員数が増えていくほど人気なのか。それは、隊員が来ることによって、地域おこし協力隊員、市町村、地域の三者にとってメリットがあるからだといわれています。
 まず、隊員は、自身の才能や能力を活かした活動をすることができ、「田舎暮らしをしたい」といった理想の暮らしを実現することができます。
 また、市町村にとっては、行政ではできなかった柔軟な発想をもとにした施策につなげられます。さらに、地域には、隊員が持っている新たな視点や、町を良くしたいという熱意や行動力が良い刺激を与えるとされ、それぞれに影響し合って相乗効果を生むところは、「三方よし」の仕組みといえます。
 統計によると、隊員の任期が終了した後、6割程度が同一の市町村に定住しているといった実態もあります。地域に根付いて、引き続き活躍をしている例も多くあり、人が人を呼び、元気な地域に人が集まることにより、活気を増すことも期待されています。

 

ー三朝町の協力隊員ー

 三朝町では、同制度を活用し、これまで2人の地域おこし協力隊が町内で活躍してきました。
 三朝町で初めての地域おこし協力隊員となったのは、平成25年に着任した井上正樹さん。当時、三朝温泉が開湯850年という節目を迎えたこともあり、多くの催しが企画されました。井上さんは、その際の担当を務めるなど、観光振興に深く関わってきました。
 その翌年、平成26年には松永浩二さんが2人目となる隊員として着任。三朝米をはじめとした町の特産品の販売促進に携わりました。
 そして、2人とも設定された3年の任期を終えた後、本町に定住しています。
 

【現在、活躍中の隊員(令和4年6月末時点)】

 元国際交流員のリエヴェン・アントニーさんが令和元年7月から3人目の隊員として、そして令和4年5月からは伊藤博文さんが4人目の隊員として活躍しています。
 アントニーさんは、三朝温泉のホームページのリニューアル、SNSの更新を手掛け、着実に情報発信力の強化へとつなげてきました。
 伊藤さんは、三朝米、神倉大豆等の農産物の販路拡大をメーンミッションとしながら、動画による情報発信等にも携わっています。

 アントニー隊員 伊藤隊員

        アントニー隊員                 伊藤隊員

 

ー隊員募集ー

 三朝町では、5人目の地域おこし協力隊員を募集しています。(詳しくは、コチラへ

 

ーリンク集ー

 〇JOIN(一般社団法人 移住・交流推進機構) HPはコチラ
 〇総務省(地域おこし協力隊の制度紹介) HPはコチラ
 〇地域おこし協力隊HANDBOOk HPはコチラ

 

ページの先頭へ
ページの先頭へ